第97回アスファルトゼミナール開催報告

去る2月20~21日、ガスホール「パピヨン24」(福岡県)にて第97回アスファルトゼミナールを開催いたしました。

今回は<環境・持続可能性を追求した舗装>との副題を設けまして、国土交通省様を中心に産官学より多彩な講師をお招きし、新時代に向けた働き方改革、新たな舗装材料の活用、インバウンドの現状など、各方面での舗装整備に従事する受講者の業務知識向上に資する講演を提供することができました。

5年振り2回目の福岡県開催は、300名を超えた聴講生に来場いただきました。

新型インフルエンザ予防対策として事務局からマスクと消毒液の準備を致しましたが、講演ごとの換気では参加者の皆様にご協力いただきました事、感謝申し上げます。

来年度のゼミナールにつきましては、詳細が決定次第、ホームページにて掲載を予定しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • 第97回アスファルトゼミナールの模様
  • 第97回アスファルトゼミナールの模様
  • 第97回アスファルトゼミナールの模様

第97回 アスファルトゼミナール -環境・持続可能性を追求した舗装-

(敬称略)

■第1日目 2020年2月20日(木) 13:00~17:45
1. 挨拶
一般社団法人日本アスファルト協会 ゼミナール委員長
太田  亨
2. 挨拶
一般社団法人日本アスファルト協会 顧問
矢野 善章
3. 舗装用アスファルト供給体制について
一般社団法人日本アスファルト協会
前田 裕貴
4. 持続可能な舗装を目指して
東日本高速道路株式会社 技術本部専任役
七五三野 茂
5. 公共工事における働き方改革・生産性向上の取り組みについて
国土交通省大臣官房 技術調査課 建設技術調整室長
和田  卓
6. アスファルト乳剤技術のトピックス
一般社団法人日本アスファルト乳剤協会
金澤 裕貴
7. 環境・持続可能性を追求したポリマー改質アスファルト
一般社団法人日本改質アスファルト協会
浅井 和明
8. 土木・建築分野での竹バイオマス利活用
−福岡発、竹材の新規用途開発とネットワーク構築・竹イノベーション研究会の取り組み−

福岡大学 工学部社会デザイン工学科 教授
佐藤 研一
■第2日目 2020年2月21日(金) 9:30~12:20
10. 道路行政をめぐる最近の話題について
国土交通省 道路局 企画課道路経済調査室長
田村  央
11. 観光の現状と観光地域づくり
観光庁 観光地域振興課長
富樫 篤英
12. 新時代の舗装技術に挑戦
公益社団法人日本道路協会 舗装委員長
三浦 真紀
過去の開催報告はこちら↓
第96回
第95回
第94回
第93回
第92回
第91回
第90回
第89回
第88回
第87回
第86回
第85回