95 アスファルトゼミナール開催のご案内

一般社団法人 日本アスファルト協会

拝啓 時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。
当協会主催の「アスファルトゼミナール」を下記要領にて開催致します。
皆様、お誘い合わせの上ご参加くださいます様お願い申し上げます。

敬 具

主 催
一般社団法人 日本アスファルト協会
協 賛
一般社団法人 日本道路建設業協会、一般社団法人 日本アスファルト乳剤協会
一般社団法人 日本改質アスファルト協会、一般社団法人 日本アスファルト合材協会
後 援
国土交通省
開催月日
2018年2月14日(水)~2月15日(木)
開催場所
金沢流通会館
〒920-0061 石川県金沢市問屋町2丁目61番地電話:076-237-8585
内 容
プログラムをご覧下さい。
申込方法
お申し込みは締め切りました。
たくさんのお申し込みをいただきまして、誠にありがとうございました。
申込問合せ
キュービシステム株式会社 アスゼミ担当 村井まで
電話:03-5256-0051E-mailasphalt@qbs.co.jp
内容問合せ
JXTGエネルギー株式会社
販売本部 産業エネルギー部 コークス・アスファルトグループ 井手・松村まで
電話:03-6257-7231
参加費
無料
参加人数
300名(締切日以前でも定員になり次第締め切らせていただきます。)
CPD認定
社団法人土木学会の継続教育(CPD)プログラムとして認定されました。
認定番号 JSCE17-1152 6.7単位
本ゼミナールは、「CPDプログラム情報検索サイト」に掲載されており、建設系CPD協議会構成団体の一部ではCPD単位の相互登録が可能です。

※単位申請は各団体ごとに定めたルールに従ってください。

※受講証明の方法など、詳しくは下記ホームページをご参照願います。

建設系CPDプログラムの取得単位を複数の構成団体に登録する場合
http://www.cpd-ccesa.org/unit_assent.php
その他
当日の参加受付はできませんので、必ず上記方法でお申し込み下さい。

第95回アスファルトゼミナール -舗装の生産性向上に向けた取り組み-

(敬称略)

■ 第1日目 2018年2月14日(水)

13:00~17:30

1.

挨拶

一般社団法人日本アスファルト協会 ゼミナール委員長
山村  智
2.

挨拶

一般社団法人日本アスファルト協会 顧問
矢野 善章
3.

舗装用アスファルト供給体制について

一般社団法人日本アスファルト協会
松村  優
4.

i-Constructionへの取り組み

国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 課長補佐
近藤 弘嗣
5.

舗装の情報化施工技術

一般社団法人日本道路建設業協会 技術委員
上野 健司
6.

合材の製造効率を向上させるプラント技術

日工株式会社 技術本部 理事
蓬莱 秀人
7.

舗装工事の生産性向上 ~舗装工事のICT活用~

一般社団法人日本建設機械施工協会 i-Construction施工による生産性向上推進本部
情報化施工委員会 i-Construction普及WG
鈴木 勇治
8.

舗装の効率的な維持管理に向けた取り組み

国立研究開発法人土木研究所 道路技術研究グループ 上席研究員(舗装)
藪  雅行
9.

舗装診断士の資格制度について

一般社団法人日本道路建設業協会 広報・技術部長
松田 敏昭

■ 第2日目 2018年2月15日(木)

9:00~11:40

10.

道路行政をめぐる最近の話題について

国土交通省 道路局 企画課 道路経済調査室長
沓掛 敏夫
11.

維持修繕工事におけるアスファルト乳剤の活用

一般社団法人日本アスファルト乳剤協会 技術委員
菊池 玲児
12.

舗装の生産性向上に向けたポリマー改質アスファルトの役割

一般社団法人日本改質アスファルト協会
新井 崇史

※講師は都合により変更になる場合があります