入門講座

其の4

アスファルト基礎知識

4-4用途によるアスファルト乳剤の種類

アスファルト乳剤は浸透用、混合用など乳剤の用途により種類分けされています。

①日本工業規格JIS K 2208(2000)
種類 記号 用途
カチオン乳剤 浸透用 1号 PK-1 温暖期浸透用及び表面処理用
2号 PK-2 寒冷期浸透用及び表面処理用
3号 PK-3 プライムコート用及び
セメント安定処理層養生用
4号 PK-4 タックコート用
混合用 1号 MK-1 粗粒度骨材混合用
2号 MK-2 密粒度骨材混合用
3号 MK-3 土混り骨材混合用
ノニオン乳剤 混合用 1号 MN-1 セメント・アスファルト乳剤
安定処理混合用

P:浸透用乳剤(Penetrating Emulsion) M:混合用乳剤(Mixing Emulsion)
K:カチオン乳剤(Kationic Emulsion) N:ノニオン乳剤(Nonionic Emulsion)

②日本アスファルト乳剤協会規格 JEAAS-2006
種類 記号 用途
高浸透性アスファルト乳剤 PK-P プライムコート用
高濃度アスファルト乳剤 PK-H 浸透用および表面処理用
カットバックアスファルト乳剤 MK-C 維持修繕の常温混合物用
改質アスファルト乳剤 ゴム入り
アスファルト乳剤
PKR-T タックコート用
ゴム入り
アスファルト乳剤
PKR-S-1 温暖期表面処理用
ゴム入り
アスファルト乳剤
PKR-S-2 寒冷期表面処理用
マイクロ
サーフェシング乳剤
MS-1 マイクロサーフェシング用

高性能アスファルト乳剤 High Penetrating Emulsified Asphalt
高濃度アスファルト乳剤 Emulsified Asphalt of High Content
カットバックアスファルト乳剤 Emulsified Cutback Asphalt
改質アスファルト乳剤 Emulsified Modified Asphalt
ゴム入りアスファルト乳剤 Emulsified Rubberized Asphalt
マイクロサーフェシング乳剤 Emulsified Asphalt for Microsurfacing

③鉄道軌道用乳剤やアニオン系乳剤など上記で規定されていない乳剤

大場 拓也 (東亜道路工業㈱ 技術研究所)

【参考文献】
1.社団法人日本アスファルト乳剤協会「アスファルト乳剤の基礎と応用技術」平成18年版
2.社団法人日本アスファルト乳剤協会ホームページ http://www.jeaa.or.jp/